9/9(日)は雨らしいので参戦中止。次はいつになるのかしら…。

【マルイ AK47コンパクト】モテるコンパクトAKを作る⑥ 試運転篇

Sassowです。

もうね、三菱自動車にがっかり。
今のラインナップにはハッキリ言って好きなのはございませんが、
コルト、ランサーセディアワゴン、FTOなど昔は大好きなメーカーのひとつでした。
もうねーどうするんでしょうね。

AKのピストンロック後再調整

→前回に続き「AK47コンパクト」のカスタムのお話です。
ピストンロックの原因がおぼろげに判明し、
再度メカボックス洗浄→軸受を新品に交換→シム調整→スプリングガイド交換と、
ピストンロック対策はこれ大丈夫だろうといよいよ組み上げ試射のお話です。

 

メカボックスに入れていくパーツは→こちらでご紹介した通りですが、
ギアはSuperShooter 16:1ギア、スプリングはSHS スプリング M100をブチ込んでいます。
また、ギア痕の残ったピストンはそのまま使えそうなので変えませんでした。
09-09

メカボックスを閉じて…スキマなくきっちり閉じられているのを確認し、
バッテリーを繋いで動作確認。めちゃくちゃ緊張。

無事、フルオートはバンバン動くしセミのキレも良好
全盛期の柔道選手、野村ばりのフットワークと背負い投げを思い起こさせます。

イケメンだし引退試合とかもう泣けるし。

やっぱピストンロックの原因は、
メカボックスのスキマ→ピストンズレ→ギアズレ→軸受歪みだったようで。

普通はメカボックスのスキマなんてすぐ気付きます一般人ならば。
野々村元議員レベルのワタシくらいでしょう、スルーしちゃうのは。
マジ野々村です。マコトです。不思議発見し過ぎです。迷惑でしかありません。

イケメンだし娘かわいいし、雑コラ出てくるし泣ける。

組み上がったので性能チェック

とりあえずこの状態でメカボックスはオッケーとして、
あとは組み上げて試射してみます。
チャンバー周り
インナーバレルは、初速次第で変更しようと思ってそのままチャレンジ。
バッテリーはUFC ニッケル水素9.6V 1500mAh ミニタイプバッテリーを使います。

目標性能を改めてご紹介。

AK47 コンパクトのコンセプト

  • 初速90m/s以上、理想値95m/s
  • サイクル18~19rps、ただし22rpsは越えない
  • 有効射程30~40m、精度重視

 

ドキドキしながらトリガーを引きましたところ…
09-10
アカンやつです。かなりアカンやつ出ました。

しかもHOP効かせていくと更に初速上昇するという流速状態
加速シリンダー+強いスプリングが高圧縮の空気を作り出し、
BB弾を一気に放出し、さらにHOP効かせるとどんどん圧縮率が高くなるのでしょう。
最高で120m/sくらいの表示が出た様子。

法律に触れるやつはアカンやつです。
すぐに解体し、今度は手元にあった80レートの不等ピッチスプリングを入れてみます。
09-11
なかなかのサイクルとそこそこの初速が出てきました。
この状態で先ほどご紹介した流速状態はなくなってまして、
HOPをかけると初速が比例して落ちていきました。

なるほど、やはり強いスプリングでガッツリピストンを押して、
上がりすぎた初速をルーズバレルで調整して遠くに飛ばすのが流速なのね…。


初速調整でスプリング変更

サイクルは良好というか少し高いですが、何よりちょっと初速が物足りませんので、
間を取ってSHS AEG不等ピッチスプリング M90B/バレル250mm未満用を投入。
結局これが正解だったのですが、写真がありません。
数値としては、サイクル:20rps初速:91m/sくらいでした。

とりあえずオッケーなのですが、
あと気持ち分だけ初速を上げときたいという欲が出てきまして、
残りはチャンバーともう少しタイトなバレルで稼ぐことにしました。

純正インナーバレルの6.07mm内径だと、
そこそこ飛距離も出そうなので変えるか悩みましたが、
やはりHOP効かせると実際のゲームでは初速80m/s台でのプレイになりそうなので、
90m/s台で撃ちだし有利になればとの思惑もございました。

 

ちょっと短い内容になりましたが、
フロント部分のカスタムパーツ交換については次回に回します。

ごめんなさい。
でも三菱自動車さんのような不正はございませんのでお許しを

はぁーまた三菱のクルマでドキドキしたいのになー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。