9/11(火)「ホントにゆっくり、地味に実は手直ししたりしてます」

【マルイ 電動USP】ご機嫌ナナメなUSP① 初速がちょっと下がった篇

Sassowです。

→こちらで少し前フリ致しましたが「マルイ 電動USP」の給弾不良がよりによってプレイ中に発動。
全く給弾しないのではなく、出たり出なかったり、しかも出ても飛んだり飛ばなかったり…。
410x308x5e99dfde18db70bd89e09e7a
不安定てか不安だわ!!なんかジャストで間違う自信あるわ!!

「マルイ 電動USP」の初速が下がってる

さて、原因はなんなのかしら。
実は前回のこの電動USPの記事(→こちら)から何度かサバゲに参戦してまして、
初速が下がってきてましたので少し手を加えておりました。
この給弾不良のお話にいくまえに、先に初速を上げる為に色々やったお話から始めていきます。

まずは電動USPの初速の推移からご紹介。

一番状態のいいとき
23-34

そのあと2回ほどサバゲ参戦後、ご機嫌ナナメ時
23-35

「あらやだ…8m/sも下がってる!?」

これなんなんだ。何もしてないのに下がり過ぎじゃないか。
ここまできたらもう、一度分解して中身を見てみないと気が済みません。

「ん?コレかな原因。ノズルに巻いたシールテープがズレてる?」

→以前の記事でご紹介したノズルのOリングにシールテープを巻いてカサ増し作戦。
考えてみれば当然なのですが、使う度にズレていったのでしょう。ほぼOリングから取れてました。

確かにOリングにシールテープ巻くだけって、ノズルが激しく動くのにズレない訳がないじゃないかと。
シリンダーヘッドの内壁と気密は上がるかもしれませんが、摩擦ですぐに取れてしまいます。

ここが原因ならメカボックスまで開けなくても、作業終わりますので楽。
ということでここが原因と決めつけて、少しカサ増し作戦を変更します。

この手法はいずれも電拳さんのカスタム手法を真似ております。
あれだけのデータ改造方法をご紹介いただいているのですから、
電ハン改造はまずは電拳さんを参考にして、理解してゆくのが一番と思います。

シールテープでノズルを加工して初速アップ作戦

①ノズルのOリングを外して洗浄

BlogPaint

②シールテープをOリングの溝に付けてカサ増し

BlogPaintBlogPaint
コレやるなら多くても2周がいいと思われます。ベターは1周でしょうか。
この写真では確か3周しちゃってますが結果として最後に失敗します。

このようにしてOリングの下をカサ増しすることで、
ノズルがシリンダーヘッド内を動いても摩擦でシールテープが外れることはありません。

というかOリングがシリンダーヘッド内壁と接着するので、
シールテープと接するよりも気密は高くなると思われます。

③前後の溝にOリングを戻す

BlogPaint
これでシリンダーヘッドとOリングはより強い圧で接するので気密向上
さらにシールテープは直接擦らないので耐性もあがるハズだろうと。

まず、初速アップにやったのはコレだけです。
最初に85m/sくらいの理想の初速をゲットしているので、コレでいけるだろうと。
はっきり言って余裕をかまして測定してみました。


ノズルOリング作戦の結果

それがこちら。
24-34

「うーん…微妙な!!」

確かに初速は+4m/sほど、80m/sも越えました。
いいんだけど…いや、いいんだけど予定では85m/sだったのに!!

あとの原因はなんだろう。グリス?スプリングがヘタった?気密が他でも落ちてる?
色々考えつくし、対策もそんなに難しくはないのですが、
とりあえず使えるし80m/s越えてればサバゲでのHit率は結構上がりますので、オッケイだろうと。
480x480x9dc619aa1e4cfc3b81713d38
使えりゃいいんだよ!!

というのもワタシ、この電動USPに結構ゾッコンでして。使えるレベルなら兎に角使いたい。
ホントにいいというか、サバゲで扱うトイガンの中でもかなり強武器
ハンドガンなのに長モノレベルの初速とサイクルで遊べるし100連射マガジンもあるし。
若干チートな雰囲気もあったりしますが、コイツはホントたまらないです。

しかし、このカスタムが結果として更なる問題を引き起こしてくれました。
原因はシールテープのカサ増しの為の巻き量。ホント強引なのはイケません。
そちらからまた次回お話を始めたいと思います。電動USPのトラブルは続いてまいります

 

Recommend:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。