9/9(日)は雨らしいので参戦中止。次はいつになるのかしら…。

【マルイ 電動USP】給弾不良を直す① まずは動作チェック篇

Sassowです。

前回記事ではマルイ 電動USPを入手したお話をさせて頂きました。

マガジンが2本付いて、本体もキレイだけど弾が出ないということでジャンク品として出品されていたものを、新品価格はもとより落札平均価格よりもお安くゲットしております。

今回からはその中古電動USPを、まずは弾が出る状態にしちゃうために、
初心者なりに色々改良をしていくというお話です。

入手した電動USPの給弾不良チェック

ヤフオク購入したマルイ 電動USPが到着して、早速動作を確認してみる。

なるほど、標準マガジンと一緒にセットになってた100連射マガジンx2のどちらを使ってみても、
銃本体の動作音、空気の押し出しはすれど確かにBB弾が出てきません

トリガー引くと通電してるし、異音はしないし、バレルから空気は出る。
弾が詰まっている様子もないみたい。
んー。何が原因なのか、やっぱり触っただけじゃ分からない。

ただまぁマガジン3本全てで同じように弾が出ないのでマガジンの異常ではなさそう。
やっぱりこれは「給弾不良」ですよね、と。
つまり、何らかの原因で弾がチャンバー内に送られていないので、
どんだけ強いエアが出てもBB弾がそもそも押し出される位置にない、ということになりそう。

ただ、初めての電ハン。ホントにそうなのか。そしてそこに解決の糸口はあるのかっ。

電動USPの給弾不良は結構あるらしい

こういうときは検索ちゃん。
web上で諸先輩方のお力を拝借してみたところ、電動USPは確かに給弾不良が多発するモノらしい。

その原因集めた情報はだいたいこんな感じ。

【電動USPで給弾不良が起こる理由】

  1. タペットプレートの摩耗
  2. タペットカムの摩耗
  3. マガジンのトラブル

前述の通り、③は、3本も入れてみて全部ダメってちょっと原因として考えにくい。
実際どのマガジンも使用頻度はかなり少ないと思われるほどキレイです。

なので1.タペットプレート2.タペットカムの摩耗を疑います。
下はタペットプレートの写真。
BlogPaint
写真撮り忘れて、webから引っ張ってきたLayLax製。

こんな感じで使用するにつれ互いに摩耗していってタペットカムの稼動量=ノズルの引き量が小さくなり、弾が上がりきれずに給弾不良となるらしい。

この原因を含めて、詳しい動作は次回のお話で少し詳しくご紹介してます。
良ければご参照ください。

パーツを交換すればいい?

で、短絡的に思い付いた「この2つを交換しちゃえば解決するっしょ!」と、
Amazonさんや楽天さん、ヤフオクさんを検索します。

どちらにしろ中古で入手してるので耐久性に心配のあるパーツなら新品のが安心だし。



ないっ!

お元気ですか?

タペットプレートはどこでも在庫なし、入荷未定の文字が踊り、
(社外品では★LayLax製ハードタペットプレートだけしかないっぽい)
タペットカムに至ってはG18Cのものしか見当たりませんっ。

そうか…カスタムパーツないとすげぇ不安。

初心者のアタシは結構こんな気持ちにあっさり陥ります。
でもまぁいい機会。なんかしら加工でやってみようじゃないの。

てかそもそもタペットプレートもタペットカムもすり減りなんて全然わかんね
見た感じめっちゃキレイやん。コレでダメなん?

電動ハンドガンは実はかなり繊細な作りのようで、
ちょっとした変形で全然エラーなんて日常茶飯事なんだそうですよ。
楽しいけどなかなか恐ろしいわね、マルイさんたら。

てことは、手直し出来るくらいじゃないと今後の運用ツラくなっちゃうん。
やっぱ加工やでコレは。
トイガン作業中、嫁から冷たい目で

職人さんみたいになってきたね…

って言われたチカラを今発揮したんねん!

タペットプレートのお尻になんかアルミ板の薄っすいの貼っつけるしかないかなぁと考えながら、
しかし!諸先輩方の対策を見てて、「これイケそう」なのを見つけちゃいました。


あ、ちなみに記事書きながら、
「そういやタペットプレートの厚み増す加工もアリ」と思いました。
結果として別の方法で解決しましたけど、それがダメになったら次はコレやろうと思います。

さて、それでは給弾不良対策のため、いよいよ分解開始
次に続きます。

嫁よ、職人さんみたいってのはどんだけ冷たい目しててももはや褒め言葉やねんで?

 

Recommend:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。