7/20(水)「新PC準備中につき!」

【光学機器レビュー】優秀ドットサイト「SIGHTRON SD-30」のメイド・イン・ジャパンっぷり

Sassowです。

また大きな地震が起きました。あまり騒がれていないのでそこまでの被害ではないのでしょうか?
しかし鳥取の方々始め、当該地域の皆様は不安な日々をお過ごしのことと思います。
どうぞ、これ以上の被害が出ないことを祈るしか無いのが現状ですが、ご安全に。

また今回の地震は未知の断層が原因とのことで、こうなるともうどこで起きやすいとか関係なくなってきます。
ちなみ大分でも南海トラフ地震様の震度4が夜中にあり、ちょっとビビりました。

最近でもあのスマホの地震警報の音が鳴るのが怖くて、地震のニュース見るとホントイヤになります。
でも鳴らないとそれはそれで危ないだろうし…いやーやっぱ頻発は勘弁してほしいし。
ws000113
この震度を表す丸がいっぱいある画も苦手になりました。

引き続き光学機器レビューです

前回からワタシの所持している光学機器をレビューしておりまして、
その前は光学機器の選び方をちょこっとお話しました。


この2つを書いてて思ったのは、あとは調整方法というかゼロイン方法というか、
その辺もまとめていたほうがブログネタ的にもアクセス的にもいいんじゃないかというところですので、
とりあえず光学機器のお話をし終えたら、その次にはまとめていきたいと思います。

まぁワタシ如きのお話がどこまで役に立つのかは謎ですけども、
分かりやすく、雑に、難解な用語を減らしながらも、初心者的にやっていきたいと思います。
ご期待しない程度にご期待ください。いやもう期待はしないでください。スイマセン。

「SIGHTRON SD-30」レビュー

今回はメイドインジャパン大変評価も高いドットサイトのご紹介ですが、
実はもう絶版になっているようで現在はその改良型が販売されているようで、ワタシも最近気付きまして。

ということで、ワタシのSD-30のレビューは既に時代遅れということになるんですけども、
ただ基本的な性能使い勝手については変わらないようなので一応ご紹介。

というのもこのサイトロンジャパンのドットサイト、めちゃくちゃイイんですよ。初心者でも分かるくらい。
高価ではありますけども確かにその良さを感じられるので今後のご参考にお役立てください。

BlogPaint
内容:本体の他にオプション品多数
バトラーキャップ、ハニカムフィルタ(キルフラッシュ)、延長フード、マウントリング、レンズキャップ、
ポリカーボネート製保護シールドとサバゲに必要な装備がいっぱいあります。

BlogPaint
全長:120mm / チューブ径:30mm / 重量:130g(マウントリング含めて225g)
全長は細リング、バトラーキャップを外したサイズです。
チューブ径は30mmなのでハイマウントにしたいときは別途用意します。

マウントリングはローマウント、ネジ固定

BlogPaint23-03
ドット調節ダイヤルはキャップ付き・マイナスドライバー等で調節
このあたりの構造は他の一般的なドットサイトと同様です。

BlogPaintBlogPaint
電池はCR2032×1
ドット光量調節ダイヤルのところが電池収納も兼ねています。

BlogPaint23-07
対物レンズ径:25mm / ルビーコート?

細リングを延長フードに交換可
眩しいときには延長フードに交換して光を遮ることが出来ます。
見た目的にも長くなるのでちょっとしたスコープ風に見えます。

バトラーキャップと本体の間にポリカーボネート製レンズ保護シールドを挟める
これによりBB弾の被弾があってもレンズを守ることが出来ます。
新型SD-30Xはレンズそのものが強度アップしてるのでコレがありません。

ハニカムフィルタ取り付け可
反射やレンズ保護の為にキルフラッシュ装着も出来ます。
ワタシはポリカーボネート製シールドを使ってるのでキルフラッシュは使ってません。

BlogPaint
接眼レンズ径:25mm
バトラーキャップと接眼レンズ用キャップは同時には装着出来ません。

BlogPaintBlogPaint
BlogPaintBlogPaint
BlogPaintBlogPaint
光度調整は11段階 / 赤色ドット単色、単点 / 5MOA
5MOAとありますが大きさを感じず、日中だと光度は8くらいまで、夕方で4くらいで十分です。
写真はポリカーボネートシールド、細リング、バトラーキャップ有りで撮影していますが、
11の光度にするとポリカーボネートに少し反射しているように見えます。

「SIGHTRON SD-30」評価

【「SIGHTRON SD-30」の評価】
コンパクトで軽い
付属品が豊富
ドットが見やすい
ドット調整幅がかなり広い

カタチはカッコよくないかも
×値段は安くはない
×レンズ径25mmはやや小さい

コンパクトで軽い
先日ご紹介したAimpoint COMP M2 Dotサイトレプリカと比べても大きさは変わらないのにかなり軽量。
100gの差はデカイです。特にAKは重いトイガンなので重宝してます。

付属品が豊富
マウントも付いてるし、キルフラッシュも保護シールドもあるし特にコレ以外必要なし。
強いて言えば電池も付いてます。
新型では保護シールドはなくなりましたが、レンズが強化され、反射軽減もされているので更に良いですね。

ドットが見やすい
11段階調整ということもあり、細かな調整が出来るのでドットが視界を邪魔すること無く、
ドットサイズも問題なし。5MOAって大きいドットじゃなかったんですっけ?特に気になりません。

ドット調整幅がかなり広い
嬉しかったのはコレ。ダイヤルを回してて限界を感じずに回せました。
Aimpoint COMP M2 Dotサイトレプリカはもうちょっとってとこでダイヤルが回んなくなったりしちゃいましたので。

カタチはカッコよくないかも
あまりドットサイトでチューブタイプって良い悪いがわからないんですけど、まぁ普通ではある気がします。

×値段は安くはない
新型は実売2万円以上してますし、決して安くはない価格。
まして初心者さんにはいきなりこの値段はなかなか勇気のいる金額になります。

一方で中華製レプリカなどでも最近はいいドットサイトが安価で並んでいるのも事実ですし、
トータルで良い製品なので、あとは信じて手を出せるかどうか。

×レンズ径25mmはやや小さい
慣れっちゃ慣れですけども、見やすいのはもう少しレンズ径の大きな★サイトロンジャパンSD-33だと思います。
価格とのバランスにはなりますが、より大きなこちらの方がイイかもしれません。

と、色々書きましたがワタシの一番のお気に入りになっているこのSD-30
改良型のサイトロンジャパンSD-30Xも素晴らしいのは間違いないでしょう。
基本的な性能はあまり変わってませんしね。

てか記事書いてて思ったんですけども、まだ★サイトロンジャパンSD-33の取扱があるじゃないの!!
SD-33Xも出てるし、これって早い者勝ちなのかしら?

他にも更に上位版で光量調整がオートだったり、ナイトビジョンモードがあったりする、
サイトロンジャパン MD-30Xや★サイトロンジャパン MD-33Xもあるので余裕のある方はそちらもご覧ください。

ちなみにワタシ、次回のドットサイトは何を買うのか、出来ればあまりメーカーや形状は被りたくないので、
サイトロンジャパンに手を出すかは分かりませんが、そのうちまた絶対に買うと思います。

さて、次回も引き続き所持している光学機器のご紹介です。
ちゃんと更新頑張れば明日にはご紹介する予定ですが、風邪引いちゃいました。
a02597379c5098730d78fbc19be55275
大体大きな仕事が終わったあとは風邪引きます。

Recommend:

4 Comments

南木

Sassowさん、こんにちは。南木です。

2万OVERのドットサイトですか! これは簡単に手が出せませんねぇ。というより、銃本体より載せてる光学機器の方が高額?(^^;
#この趣味では、よくあることです。(笑)

とはいえ、価格が価格だけに付属品も豊富で、また性能もよさげですね。あとは、これで価格が安ければ……。

唯一の心配な点は、やはりレンズ径が25mmという点でしょうか。最近は大きな(太い?)チューブの製品も出てますので、やはり1インチは欲しいですね。
#上を見ればキリがありませんが。

ただレンズが大きくなれば、その分だけ重量も増す訳で、機動力を維持したい人には悩ましいところです。(^^;

ちなみにわたしの場合、ハンドガン戦では超強気のアタッカーだったので、銃を軽くする意味でもドットサイトは使ってませんでした。

「小回りや移動をスムーズに」というより、ぶっちゃけ走り回っていたので、照準を合わせる暇もなかったという方が正しいですが。(^^;

南木

返信する
MTM

こんばんわ^ ^
サイトロン、僕も使用してます^ ^

実は買いたての頃知り合いに調整頼んでぶっ壊されて直してもらった逸話があります笑

でもメーカーさんは親切丁寧に対応してくれて修理してくれ今もメインのダットはサイトロンです^ ^

実銃の装備では一番お安い部類なのかも知れませんね。
使いやすさとコスパ的に考えたらダントツNo.1のサイトだと思います^ ^

サブ以下には4000円以下のダットしか付けない僕には唯一の高級品ですね笑

ちなみな僕もアマゾネスなので電池も本体もアマゾンで購入しました笑

返信する
Sassow

南木さん、こんばんは。

そうなんです、25mm径レンズがどこまで納得出来るのかはホントに問題です笑
慣れてしまうと思ったよりイケますが、30mm径覗くとやっぱり小さく感じるので果たして…。

ただ、やっぱりコンパクトで軽いのはホントに素晴らしいところで、
モノもいいし、実際にオススメする方の気持ちが良く分かる気がします。
軍用規格ってのも手伝ってるかもしれません。

ハンドガン戦では走ったほうが楽しいですもの!!
サブという意味からしてもワタシもハンドガンには重量増やしてオプションは付けないかなぁと思っております。

いや…電拳さんのサイトでも思いますけども、南木さんの文面からどうしても繊細で発想力半端ないプレイしか想像出来なくて笑
走り回っているギャップがスゴイです!!

返信する
Sassow

MTMさん、こんばんは。

お、サイトロン愛好者がここにも笑
メーカーさんの対応がいいというお話聞いたことありますが、やっぱりそうなんですね!!
メイドインジャパンってそういうところでの信頼性も値段に込んでいると思うと、高級ながら価値を感じますね…。

そして、ワタシも唯一のサイトロンでアマゾネスなのでもう笑
気付いたら8月に改良型が出てたみたいで今じわじわですけども新型をアマゾネスハンティングしちゃおうかと最近地味にそわそわしております…2万オーバー…。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。