9/9(日)は雨らしいので参戦中止。次はいつになるのかしら…。

【サバゲー工房】ダンプポーチ固定用太腿ベルト取付をグルーガンで

蚊取り線香の匂いは嫌いじゃない、Sassowです。

えーっとMVNOに乗り換えてスマホもASUS Zenfone3に代えて約8ヶ月、
防水でないこのスマホを誤って水没させてしまいまして
運悪くカメラ機能だけ動かない状態になったのが4月のこと。

そこからブログを含めスマホ撮影は旧スマホのSONY XperiaZ3にお任せしてましたが、
この度新たなスマホをゲットしてしまいました。

それが★Huawai P10 Plusでして何と言っても惹かれたのはコレ。
BlogPaint
そう、LEICAですよ。あのカメラといえばLEICAかキタムラかってくらいの。
しかもデュアルレンズで片方は白黒を撮影してカラー画像とそれを合成して、
イイ感じの画作りをしてくれるというシロモノ。

いや、この説明が合っているのか分からないんですけども、
F値1.8ということで従来のスマホカメラより全然明るく撮れちゃうとかで。

色々撮るのがもうね、楽しくって。
IMG_20170618_202458
どうです?このシールを集めるために飲まされている金麦なのにドラマチック感。
なんかちょーデキるオトコがキーボードに向かって週末の一時を過ごしてる感。
スマホ撮影でもこんだけクオリティあればイイ感じでしょう。

ということで以前撮り貯めしておいたものもありますので多少前後はしますが、
今後のブログのお写真は多少クオリティが上がったものをお見せ…できるかしら?

ダンプポーチぶるんぶるん問題に挑む

さて、先日のお話では新ダンプポーチを導入するも
AKマガジンをスムーズに収納するのがやや難があり不採用というお話をしておりました。


で、この記事の最後にちょこっとだけ書いている&コメント欄にも書いているんですが、
ワタシの現在使っている★karrimor SF ロールアップ ダンプポーチがやっぱりイイ、と。

でもコレ、長くって生地が薄めなのでマガジンを入れて走るとぶるんぶるんってなります。
9b8f9cfa
この視覚効果の素晴らしさ。

女性のぶるんぶるんは大好きなんですがダンプポーチのぶるんぶるんは邪魔。
もうね、走りにくいし当たると痛いし何だか走って無くても気が散るし。

ただやっぱり★karrimorSF ダンプポーチはダンプポーチとしての性能は素晴らしく、
このぶるんぶるん問題さえ解決すればワタシ、このダンプポーチと結婚しますもん。

んーじゃあもう手を加えるしかないじゃないのっ!!

アレですよ、ワタシは化粧が上手な女性は服のセンスがいいのと一緒で全然アリですし、
むしろ化粧を頑張って自分をよく見せる術を知っている人のが好きですし。
Aq8JPKqHKXgSClO_tjRG8_4
いや、何の話だ。

まぁとにかくこのダンプポーチぶるんぶるん問題にいい加減終止符を打つべく、
もうちょっとで完璧な★karrimor SF ロールアップ ダンプポーチをDIYすることに致しましたとさ。
今後のブログのお写真は多少クオリティが上がったものをお見せ…できるかしら?

固定用太腿ベルトを…グルーガンで!!

何をするかってのが★CONDOR ダンプポーチ MA38 ドロップレッグで惹かれた
太腿固定用ベルト、コレをkarrimorダンプポーチにも付けようと。
BlogPaint

前々から構想こそあったんですけども今までこれをしなかったのは
ワタシの中での鬼門「裁縫」をしないといけないからで。

「いやぁミシン無いし。買う気も…嫁もねぇものなぁコレ」

「手縫い…でもイケるんかな、でも生地固そうだし不器用だし高倉だし」

とまぁこんな感じで躊躇しまくっておりました。

が、今巷の主婦たちの間ではアレが流行っててこれがどうやら使えるらしいんですね。
BlogPaint
そうなんですって、グルーガン
熱でグルースティックと呼ばれる接着剤を溶かして布なんかを接着出来るんですって。
しかもどうやら手軽で簡単でえらく流行っているそうでして、
ダイソーの売り場面積たるやサイドネット丸々1枚とかなり目立って陳列されておりました。

色々調べてみても強度やら洗濯やらはやっぱり使ってみないとなんとも言えなさそうですが、
もしコレで無事に成立するのであれば色々やりたいぞ、と。

ということで今回は太腿固定用ベルトを取り付けるという作業ですが、
裁縫ではなくグルーガンで挑んでみることに致しました。
ホラ、サバゲーマーの端くれですし「ガン」と付くものはだいたい使えるでしょうよ、とね。

固定用太腿ベルトに使ったもの

今回ベルトを作成するに当たって使ったのはコチラ。

【太腿ベルト作成に使ったもの】
BlogPaint
ニチヨー ウエストベルト
25mm幅ナイロンゴム

 
ウエストベルトは以前チェストリグを使っている時に購入したもので、
装備が変わった現在では使用せずに眠っておりました。

またナイロンゴムはこちらも25mm幅。ウエストベルトに併せてます。
Amazonでは★货郎 ナイロンゴム平ゴムの中にラインナップがあったんですが
この記事作成時点では25mmは品切れっぽいみたいです。

幅2.5CM×長5M ストレッチエラスティックバンドみたいなものでもいいし、
25mm幅に拘らずとも大きなサイズだとより安定感は出るかもしれません。
ただ、今回はウエストベルトのバックルも使いたくてこのサイズにしております。

作業してみて、もう少し大きなバックルのもので、
ベルト幅も50mmにしたほうがより安定したかもしれないなぁとは感じました。

固定用太腿ベルト作成開始

では作業をご紹介していきます。

グルーガンの準備
BlogPaintBlogPaint
グルーガンの準備はコレだけ。あらやだホントに簡単そう。
まぁグルースティックを押し込み過ぎたのか後でいいだけミスりますがとりあえず準備完了。


太腿ベルト作成
まずはニチヨー ウエストベルトバックル部分にナイロンゴムを取り付けるところから。
BlogPaint

太腿ベルトは丸々ナイロンゴムで作っても良かったんですけども、
強度というか耐久性的に全部ナイロンゴムにするより元々のベルトを活かしたほうがいいかしらと
ホントに一部だけナイロンゴムにするとこにしました。

ちなみに、逆に全てニチヨー ウエストベルトで太腿ベルトを作っても良かったんですが、
コレだと太腿にバシッと締めにくくなる気がしましてそれも却下してます。

取り外したバックルにナイロンゴムを通して早速グルーガンの出番。
BlogPaintBlogPaint
ナイロンゴム先端はほつれ防止のために短く折って接着し、
さらにバックルを通してグルーガンで接着して固定しました。

作業は…割りとグルーが数秒で固まるのでテキパキやる必要がありますが、
接着してしまえば固定も早いので割りと簡単にできました。

あとは残りの部分とこのナイロンゴムを更に接着。
長さは太腿に併せてある程度余裕があるように作りました。
BlogPaintBlogPaint
元々のニチヨー ウエストベルトから長さ調整が出来る部分を流用してるので、
ただ単に接着するだけで割りと考えずに作業してます。
また、ほつれ防止の為に両端は短く折って一度接着しているのも先程と一緒。

これで完成。めっちゃ楽。
BlogPaint
ナイロンゴムの使用部分はワタシは耐久性と使いやすさを考えてこれくらいに。
これがいいのかどうかは分かりませんが、装着は割りとし易い…かな?

接着面の強度が不安でしたが結構びよーんとゴムを引っ張っても
接着が取れるような気配はないのでとりあえずオッケイだと思われます。

ちなみに接着部分は強度的に足りないかなと思いグルーを後乗せしてるので、
見た目はあんまりキレイには仕上がってません。
18-18
まぁサバゲー中に太腿ベルトをガン見して
「ぷぷぷっ」なんて笑ってくる方はまずいないでしょうし目立つところでもないしいいかなと。


 ダンプポーチにベルトループ取り付け
次はダンプポーチ側の加工。作成した太腿ベルトを通すループを作ります。

これもニチヨー ウエストベルトの余りを使い適当な長さに切り分けて流用することに。
BlogPaint
長さはダンプポーチにどれくらい余裕があるかによって違うとは思いますが適当です。

このベルトループも両端をほつれ防止グルーしときます。
BlogPaint
かなり見た目は悪く雑ですがグルーをたっぷり付けてとにかく強度重視。
いやキレイに仕上げようと思えば出来るんですよ?多分。

そしてダンプポーチにやっぱりグルーガンでループ接着
BlogPaintBlogPaint
太腿ベルトのバックルを通しやすくしたかったので結構余裕のあるループにしてみました。
太腿ベルトが要らなければすぐに取り外し出来るのが理想だったんです。
ただ、コレはあまりに余裕があり過ぎるんですけども。


 完成したのでダンプポーチに太腿を通してみる
これで全行程完了。おお、楽。
早速太腿ベルトをダンプポーチに通してみます。
18-28
うーんやっぱり余裕もたせすぎたかしら…。
でもまぁ思ったより見た目も悪くはなってない(と信じている)のでオッケイでしょう。

ちなみにこのベルトループと太腿ベルトを取り付けたままでもロールアップ出来ます
BlogPaint
使わないときはクルクルと出来る★karrimor SF ロールアップ ダンプポーチの特徴はそのままに
見た目以外の制約はなく太腿ベルトを取り付けられました。満足。
まぁサバゲーしないときにダンプポーチを収納するときだけしかロールアップしてませんけども。

早速試着で家の中をちょっと走ってみたり…感想

いそいそとサバゲー用パンツに着替えまして早速装着。
BlogPaint
ワタシのダンプポーチ固定方法はこんな感じになりました。

とりあえず空のAKノーマルマガジン(256g)3本入れてみまして、
家の中を少し歩いたり走ったりしてみました。嫁に「は?」って言われながら。

結果としては「まぁまぁ」。

ぶるんぶるん感はなくなりふるふる感に変わって概ね太腿に固定されております。

これがもう少し幅の大きな太腿ベルトを作っていればもうちょっと固定出来てたり、
もう1本足の付け根あたりを狙って太腿ベルトを増設するのもアリかなぁというところ。

ただ、どちらにしろ更に重いガスガンマガジンではこのダンプポーチでは生地が柔らかいので
あまり適してないみたいで、これはもうちょっと小さいダンプポーチがいいかも?
もしくはファストマグにそのまま収納するか…うーん再検討です。

まぁ実際にサバゲーに出てみて使い勝手強度やそのあと洗濯しての状態なども含めて、
まだまだ色々検討項目はいっぱいあるので徐々に色々とご報告して参りますので。

ということで今回は太腿ベルトDIYグルーガンDIYについてのお話でした。

お気付きの方もいらっしゃると思いますがグルーガンを使って接着した箇所は
いずれも裁縫で縫い付けるのと同じ箇所になります。

もしこれでサバゲーやっても洗っても強度的に問題がなさそうなのであれば、
このグルーガンとやらは結構サバゲー装備をイジるのに有効なのかも?と期待中。

実は裁縫しようか迷っていた装備やら何やらがまだいくつかあるので
ぼちぼち色々なところに試していきたいなぁと。

まぁ…グルーガンそのものももうちょっと上手く扱えないと毎回こんななってたらしんどいので。
BlogPaint
多分グルースティックを本体に押し込み過ぎててトリガー引いて無くても
ガンガングルー垂れ流しになったんだと思います。

次回はどれを加工するかは未定ですけどももうちょっと、ね。
やっぱりグルーガンだろうとトイガンだろうと精度に難のある可愛いワタシでした。

Recommend:

6 Comments

南木

Sassowさん、こんにちは。気管が弱く匂い物は全てダメ、南木です。

わたし、自慢じゃありませんが、ケータイやスマホは7~8年は普通に使います。しかも下取りに出すと、新品みたいと驚かれます。(笑)
#普段どれだけ使ってないか分かりますね。(^^;

Huawaiのダブルレンズ、たしか父に買ってあげたスマホがそうでした。ただしLEICAが搭載される一つ前のモデルなので、写真の写りはそれなり。(笑)
#もう2ヶ月ほど我慢してればLEICAだったのに。(^^;

LEICAのダブルレンズは、かなりキレイに撮れるみたいですね。わたしはデジカメも古いので、スマホも含めてそろそろ買い替えの時期なのですが、気が付いたら銃をポチってます。(^^;
#買い替えは、もうしばらく我慢です。

ぶるんぶるん問題、縫う以外の方法ということでわたしの最初の予測はMKTさんと同じハトメ、第二候補としてホットボンド(グルーガン)を考えていましたが、どうやらSassowさんが選ばれたのはグルーガンの方でしたね。

グルーガンでの一番の不安は、やはり強度と耐久性でしょうか。走ってる内に取れて「ぶるんぶるん」も困りますし、洗濯したら「ぶるんぶるん」も困りますしね。(^^;

これで大丈夫なようなら「次ぎ」の改良へのベースになりますので、ぜひ今後も定期的に報告していただければと思います。
#いや、決してオチを期待してる訳じゃないですよ?(笑)

ちなみに、もしまた「ぶるんぶるん」するようなら、次はハトメとグルーガンのハイブリッドをお勧めします。強度が必要な箇所はハトメで止めてしまい、その周りのホツれそうな場所はグルーガンで固めてしまいます。

わたしは普段はシリコンシーラントで周りを固めますが、グルーガンがあるならそちらの方が確実だと思います。

まあ、今回のグルーガンが成功すれば不要な提案ですが。(笑)

南木

返信する
りゅうまる。

おはようございます、Sassowさん、南木さん。
賞味期限の切れた食べ物のニオイは必ず嗅いでしまうりゅうまる。です。

スマホでもきれいな写真撮れるんですねぇ。
携帯のオマケ程度の認識しかなかったのですがイイ感じです。

あとスマホで撮るって難しくないですか?あのペラい画面だけの機械でボタン押すのではなくタッチ。
どうにも古い人間はカメラを構えてシャッターを押すという儀式を踏まえないと写真が撮れません。(笑)

グルーガンって布の接着出来るんですか。
漏電防止や配線固定でしか使用用途が無かったもので。(笑)
ベルトのあの面積の接着でどれだけ耐えられるのかが気になります。

みなさんのおっしゃるハトメならばガッチリしそうですが、
外観を損なわない接着でいけるならば色々使いようはあるかもしれませんね。

ぷるんぷるん・・・南のほうから私を呼ぶ効果音が聞こえてきたと思ったら、やはりここでしたか。
お色気担当の私を召還するにはいささか画像のインパクトが大人しい気がします。(笑)
いや、これくらいでも敏感に察知する自分の能力が怖い。

自画自賛のりゅうまる。

返信する
Sassow

南木さん、こんばんは。

携帯7~8年!!
新しもの&デバイス好きなワタシにはまず考えられない年月です笑
ワタシも最近ではめっきりスマホを使う回数は減りましたけども、それでも無駄に高機能なモノを必ず手にしたがるワタシですので…。

ああっ!!LEICAレンズ惜しいですね!!
所詮スマホのカメラといえばそうなんでしょうが、それでも最近の高性能なCPUに支えられて色々な画作りが出来てホントに今回のLEICA+デュアルカメラには感動しました。
次回のスマホは色々なものが出てますけども、Huaweiは結構オススメですのでご一考を!!

さて、ぶるんぶるん問題についてですがハトメより幾らか気楽な気がするグルーガンでした笑
色々調べてみてますが、どうも洗濯やらサバゲーでの強度やらはやっぱり「百聞は一見に如かず」なワタシですのでここは敢えて実践してみてご報告しようじゃないかとなりまして…。

シリコンシーラントもありますか!!そういえばホームセンターで目について見てました。
このグルーガン単独が成功すればそれはそれで、ダメだったらハトメハイブリッドは良さそうですね。
当初の構想ではグルーガンと縫いブリッドのつもりでしたけども…思ったよりグルーガンがしっかりくっついたので…また甘いかもしれません笑

ダメですよ!!基本1度は失敗するワタシのネタですけども今回はダメです!!一発成功でなんとかグルーガンだけで終えたいワタシですので!!

返信する
Sassow

りゅうまる。さん、こんばんは。

やはりスマホカメラでりゅうまる。さんのお写真にはかなわないところはいっぱいあるんですが、
頑張って画作りしてる感と「とりあえずそれっぽい」画像に仕上げられるので思ったより満足してます。
発色と明るさも従来のスマホカメラよりは結構楽に、自然に調節出来るところもブログ写真としては魅力でした!!

逆にワタシは一眼なんかを本格的に使ったことがないんですが、対象にピントを合わせる際やぼかしの度合いなんかは直感的に操作出来る分楽だったり…。
いや、りゅうまる。先生と比べるともうカメラを語る資格はないんですが笑

グルーガンはむしろ布は結構向いているみたいです、多分!!
ハトメに比べると手間という点でも気軽かなぁとかも思ったり…強度に問題があるとかえって手間になりますけども…笑

今回のぶるんぶるんは…疑似ぶるんぶるんでスミマセン。
でもあのTシャツ、横から見ると実は全然ぶるんぶるんしていない方が正面から見るとぶるんぶるんに見えるという視覚効果のぶるんぶるんシャツでして、
それはもう寄せて上げるからしたら新時代ぶるんぶるんなわけでして!!

いやぁでもそれをしっかりお感じになられて物足りなさを訴えられるりゅうまる。先生は流石の一言でございます。

次回のぶるんぶるんはりゅうまる。さんを「あらっ!!」と言わせるモノを是非!!
ブログネタよりそっちを頑張って探しますので!!

返信する
通りすがり

突然失礼します
私も使い方で悩んだポーチで苦闘してらっしゃる様なので……
私は内側にプラダンを底と腿側にL字に入れて解決しました
収納はかさ張りますが使用感は良いです
腿固定が剥がれる事がありましたらお試し下さい

#検索中にぶるんぶるんで釣られた訳では……

返信する
Sassow

通りすがりさん、こんにちは。

通りすがりさんは前回の通りすがりさんと同じ通りすがりさんでしょうかっ!?
それともここを通りすがりにコメントを残して頂いた新通りすがりさんが通りすがったわけでしょうか!!

…コメントありがとうございます笑
なるほどプラダンですか、コレ調べてみて「ああ、コレがプラダンって言うんだ!!」と新たな発見をしました笑

確かにこのダンプポーチは生地がロールアップ仕様のせいかゆるゆるのヤワヤワなので、
他のダンプポーチと比べると更に形状が維持出来ていないのもぶるんぶるん問題の一因になっておりまして。

ワタシ自身、このダンプポーチをロールアップしてサバゲーで使うことはないのでもうロールアップ仕様も諦めて内張り的なモノで形状をガチッとしてもいいかなぁとも思ったりしております。

なるほど、プラダンですね…一度この状態でサバゲーに出てみてまだぶるんぶるんしてたら検討してみます!!

なので、もう少しはぶるんぶるんが検索に引っ掛かるものと思われますので、このブログのタイトル然り、素敵なぶるんぶるんで次回もお会いしましょう!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。